CATHEDRAL WEDDING CEREMONY

県内最大級の独立型本格大聖堂

高さ53m、バージンロード23mという都内屈指の規模を誇るスケール。
100年以上の歴史を紡いできたバラ窓のステンドグラス、アンティークのパイプオルガン、繊細なゴシック建築様式のリブ・ヴォールトなど
細部にまでこだわり抜いた優美な本格大聖堂です。
キリスト教式  人前式対応可 /~ 110名収容

大聖堂の魅力

  • 国内最大級のスケール 地上53mの大聖堂は国内でも最大級。本格ゴシック様式の装飾と目を見張るほど高い天井が醸す荘厳な空気は、おそらくすべてのゲストにとってはじめて体感するもの。
  • 真紅のバージンロード たくさんの想い出をかみしめながら歩けるようにと、バージンロードは23mもの長さ。祭壇にたどり着くまで、およそ90秒。組んだ腕からお互いの気持ちを伝えるのにも十分な時間です。
  • バラ窓のステンドグラス 高さ7mの一枚絵で描かれた、世界でも希少なバラ窓のステンドグラス。19世紀にアイルランドの工房で作られ、サンフランシスコのセント・ジョセフ教会から譲り受けた由緒ある逸品です。
  • パイプオルガン ドイツ製のパイプオルガンもヨーロッパの教会で使われていたもの。アーチ型の天井に響きわたる重厚な調べには、心が洗われるよう。セレモニーは一気に感動ムードに包まれます。
  • 家族愛が伝わるセレモニー 家族愛をテーマにしたセレモニースタイルもこのチャペルならでは。お母様からベールダウンを受けたら、お父様と腕を組んでバージンロードへ。ご両親には祭壇が一番よく見える特別席から見守っていただきます。
  • フラワーシャワー フラワーシャワーの舞台は、カリオンが鳴り響く大階段で。ゲストの視線の先には、祭壇のステンドグラスが。挨拶のシーンでは、おふたりが礼をした瞬間、祝福の噴水が空高く舞い上がります。