PERSON.07

マネジメントの面白さを味わう。
その先にある会社の中核を目指して。

レストランマネジメント

安田勝太Shota Yasuda

2013年新卒入社(専門学校卒業)

専門学校でホテルについて学んでいる中、ベストブライダルに出会い入社。約1年間婚礼サービスの経験を積んだ後、レストラン部門に異動。現在は店長として、店舗のマネジメントに携わる。

安田勝太安田勝太
安田勝太安田勝太

PERSON.07

マネジメントの面白さを味わう。
その先にある会社の中核を目指して。

レストランマネジメント

安田勝太Shota Yasuda

2013年新卒入社(専門学校卒業)

専門学校でホテルについて学んでいる中、ベストブライダルに出会い入社。約1年間婚礼サービスの経験を積んだ後、レストラン部門に異動。現在は店長として、店舗のマネジメントに携わる。

マネジメントの醍醐味を味わえるポジション

マネジメントの醍醐味を味わえるポジション

現在はレストラン部門において、所属店舗の集客、スタッフ指導、売上管理といったマネジメント業務を店長として担当。もちろんホールでの接客も行なっています。レストラン事業の成長には、顧客の継続利用に繋がる仕組み創りが鍵。お客様が来館したくなるようなイベントやメニュー案の企画→Webサイト等の広告媒体を活用し集客→当日のサービスや料理に満足していただく→リピーターへ繋げる、といったサイクルを生み出しています。
レストランというと対お客様へのサービス力だけが求められる印象があるかもしれませんが、他にも他店との差別化を図る企画をする発想力。少数精鋭のメンバーを一つにまとめ上げるリーダーシップ。更には目標とする売上・利益を必ず達成するための戦略的な思考力が磨かれます。レストランマネジメントの面白さは、お店づくりの0から100まで全て携われること。そしてチームを巻き込みながら、自分の力で何千万円もの売り上げを生み出せるダイナミックさが、この仕事の魅力です。

チームと共に事業を盛り上げるやりがい

入社5年目を迎えた際のグループ全社社員総会で、会社の成長に貢献した社員に送られる年間表彰を受賞することができました。私が店長を務めるレストランは、結婚式場の中のバンケット(披露宴会場)の空き時間を活用している店舗のため、レストランの最もかきいれ時である土日に運営することができません。それでも目標予算を達成するために、1年間の細かな営業戦略を新年度開始時に全て立てました。シェフや婚礼部門の支配人が力を貸してくれたこと。そして何よりチームメンバーが毎日の営業を大切に、お客様に向き合ってくれたことが目標達成に繋がったと思っています。ブライダル事業が中核となっている会社だからこそ、レストラン事業の売り上げにはまだまだ課題が山積み。その分伸びしろがあると信じ続けたからこそ、この結果が出せたと思っています。チームと共に、この会社の中でレストラン事業を盛り上げていけることが何よりの喜びです。

チームと共に事業を盛り上げるやりがい
自分のスタンスを強く持ち、将来は会社の中心部へ

自分のスタンスを強く持ち、
将来は会社の中心部へ

今後どんなときにも、自身のスタンスを崩さずに取り組めば結果は出ると信じています。それは、『会社の発展に自分が関わるために、成果にこだわり抜く』『誰よりも自分が自分のチームを信じる』ということ。会社にとって、自身の職場にとって良いと思うことが思いついたら行動に移すようにしています。
しかし事業の幅が広いこの会社だからこそ、あえて今担っている役割や、描いているキャリアステップだけに固執しないようにすることも意識しています。与えられたチャンスには果敢に挑戦すること。この考えも入社時より持ち続けています。
近い目標としては、自分のマネジメントポジションとして必要な知識・スキルをもっと磨くこと。そして尊敬する上司に追いつけるよう、ステップアップし続けること。将来は今よりも会社のもっとコアな部分、事業部の運営全体や経営に携われる、そんな人材へと成長することが目標です。

0