WORK STYLE.01社内インターン制度Job Lotation

2016年新卒入社(大学卒)

小山奏Koyama Kanade

小山奏

WORK STYLE.01社内インターン制度Job Lotation

小山奏Koyama Kanade

2016年新卒入社(大学卒)

新たな制度“AMP”で広がる未来

Advance Management Program(略してAMP)とは、2018年度よりスタートする応募制の2年間の社内インターン制度。事業会社での2年間の現場経験と、親会社のツカダ・グローバルホールディングにある仕事に携わりたい意思があれば誰でも挑戦することができます。まず最初の1年で、企画開発、営業推進(広報・PR、広告宣伝)、人事、財務経理という親会社の主要4部署をローテーションで経験します。翌年には、その中から1部署に1年間携わり、更に詳しい実務を学ぶステージへ。会社におけるヒト・モノ・カネのマネジメントを学び、その視点を次のステップに活かすことができる貴重な機会です。また、社長や取締役、各部署の部長たちと近い距離で仕事ができるので、自分自身の夢や目指すキャリアをアピールできる。つまり、なりたい自分に近づくチャンスでもあります。

道を切り拓く存在に

私がこの制度に臨む1期生。それぞれの部署でどのような経験ができるのか、どんな活躍が期待されているのか、未知数な部分もありますが、この制度ができると聞いたとき絶対に応募すると一瞬で決意が固まりました。まさに入社前からこの会社でやりたかったことに挑戦できるチャンスでしたから。無事社内選考に合格し、プログラムがスタートする前でも、こんなことを学びたい、経験したい、という思いがどんどん膨らんで行くのを感じます。入社後まもない、まだ経験の浅い人材を受け入れてくださる部署にとっても、手探りの対応になると思うので、自分から積極的に働きかけて道を切り拓いていきたいですね。ただ、もちろん肝心なのはジョブローテーションを経験したあとに、どのような活躍を見せられるか。1期生として、今後この制度を活用する人材のロールモデルとなれたらと思っています。

何事も楽しむ。
そのスタンスで周りを巻き込んでいく

どんなときにも前向きに楽しむのが私のスタンス。もちろん仕事だから辛いこともありますが、基本姿勢として自分自身が楽しまないと、お客様にも楽しんでいただけないのではないかと考えています。また、人生の時間のなかで仕事はその大半を占めるので、仕事を楽しめない=人生を楽しめないということなんじゃないかと。だから、自分だけでなく多くの人の人生をもっと面白いものにしたいというのも、私の目標の一つ。たとえば私は学生時代、演劇などのパフォーマンスを通じて人をワクワクさせることの楽しみを知りました。ベストブライダルには、ホテル、ブライダル、レストランと様々な事業があり、その活用の仕方も無限大。そうした場所を一つの舞台として活用し、いつか日本にパフォーマンス文化をもっと広めていくような取り組みも手がけられたら、と思っています。

Private Photo

  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
  • 07
  • 08

0