仙台の結婚式場一覧|結婚式・結婚式場・ブライダル

仙台の結婚式場

ベストブライダルの仙台・宮城県内の結婚式場のご紹介です。仙台駅から15分の立地に、外国の別荘地のような美しい景色が広がります。堂々としたゲートを抜けた先に広がるのは、まるでヨーロッパの貴族の館のような大邸宅。広々とした空間はすべてが上質なもので包まれ、ゲスト一人ひとりをゆったりとおもてなしできます。青空が広がるガーデンも、光と緑があふれるチャペルも、すべておふたりのウェディングのために。

Sendai's Wedding Point!

東北のなかで最大規模を誇る仙台。仙台の結婚式は新郎新婦だけで作り上げるのではなく、両親の意向を結婚式の日取りや衣装、ゲストに関してもとり入れて、共に作り上げているのが特徴です。全国平均よりも3割ほどゲストの数が多く、親戚や近所の方々など人と人との繋がりを大切にしている街だといえるでしょう。
その傾向は結婚式そのものにも表れています。そのひとつが、神前式など和装による挙式の多さ。都心と比べると2倍以上の率になるといいます。着物好きな方はもちろんのこと、両親の意向や昔からのしきたりを大切に思い和装を選ぶ方も多いのです。

さらに仙台の特徴としてあげられるのが、多くの方が「宮城長持唄」を新郎新婦入場の時に使用すること。これは昔の嫁入りの時に、花嫁道具を入れた「長持」という大きな箱を人々がかついで花婿の実家に向かったことが発端です。その時に唄われていたのが、祝福の唄である長持唄。今では、長持や提灯を持った方が先に披露宴会場に入場し、その後続くように新郎新婦が入場するスタイルが一般的となっています。尺八の音色や長持唄の声、それに続く和装の新郎新婦の姿は仙台ならでは。仙台市内の地下鉄駅近くには、総杉の回廊を備えていたり、樹齢100年以上の木々に囲まれている結婚式場があります。新郎新婦の姿と結婚式会場の雰囲気が相まって、参列者の記憶に深く残ることでしょう。
和装の人気が高い仙台ですが、もちろんチャペルでのウエディングも可能です。たとえば、仙台駅から数分という立地でありながら自然の光が差し込む14mほどのバージンロードが特徴のチャペルや、仙台駅を見下ろす地上135mの天空のゲストハウスといった結婚式場もあります。さらに、他の結婚式場ではプール付きのゲストハウスが貸し切りにできたり、柔らかな光のなかでナイトウエディングが行えたり、ゲストの祝福を全身で感じられる階段演出なども可能です。このように個々の希望を叶えてくれる結婚式場が数多くあります。